SDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)とは、誰一人取り残さない(Leave no one behind)世界を混ざ司、2015年9月に国連加盟193カ国で採択された国際目標です。2030年までに世界を変えるための「17の目標」と「169のターゲット」で構成されています。

飛騨えごま本舗 SDGs宣言

「飛騨えごまを通じて食の安全と安心を届け、健康寿命を伸ばしたい」を理念に掲げ、飛騨から全国へ、そして世界へ弊社の想いを発信し、地元である飛騨地域に貢献していきたいと考えています。

自分たちの手の届く範囲で、国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に向け、社会課題の解決に取り組むことを宣言します。地域の皆様と協力する地域活性を基軸とし、世の中の課題の解決に少しでも貢献できるよう意識した活動を行っていきます。

飛騨えごま本舗(有限会社萬里)は、飛騨えごまの栽培・加工・販売を行っています。

国産、農薬不使用・生産者の明確化

岐阜県飛騨地方で栽培された純国産の「飛騨えごま」のみを使用し、安心・安全な食品をお届けします。

農薬不使用で栽培した飛騨えごまのみ使用します。

完全受注生産を徹底し、トレーサビリティによる生産者の明確化を行います。

耕作放棄地の有効活用を推進する

獣害被害で耕作放棄となった農地を、獣害被害の受けにくい「飛騨えごま」の栽培を行う事で有効活用できるよう活動を行っていきます。

「飛騨えごま」の需要の拡大を行う事で、栽培農家の方々の生活向上に見合った額での買い付けを行っていきます。

食を通じて健康寿命を伸ばす

安心・安全な食を作り届けること

飛騨の伝統食である「飛騨えごま」のブランド価値を守り、安心・安全な食をお届けする事での信頼での成長を目指します。

安心・安全で身体に良いと言われる純国産の「飛騨えごま」を通して、全国の健康寿命を伸ばすことを目標としています。