飛騨えごま栽培:鳥害対策と台風

飛騨えごま栽培
スポンサードリンク

あれだけ暑かった夏でしたが、気が付けば飛騨では朝晩が寒く感じる毎日になりました。

来週はもう10月、そろそろ今年のエゴマ収穫の準備を始める時期です。

本日(9月28日)は晴天、えごま畑のある高山市高根町も心地よい秋晴れです。

すすき

晴れ渡る空と雲、風になびくススキは風情があります。

たわわに実った飛騨えごま

先日の台風22号の影響で少し倒れてしまったエゴマもありますが、全体的には元気に育っています。

えごまのサイズ

私の手のひらと比較です。立派な萼筒(がくとう)がたわわについています。

萼筒アップ

この萼筒ひとつひとつに大体4粒のえごま実が格納されています。

萼筒の中にはまだ未熟なえごま実が見えます。高根町のえごま実は早生(わせ)なのであと2週間ほどすると熟成します。

実が落ちやすくなり、鳥たちの格好のエサになってしまうのです。

鳥たちには申し訳ないですが、大切なエゴマを食べられないように対策を行います。

鳥害対策テープを張る

本来なら鳥害対策にはネットを張るのですが、明日から台風24号が接近するとの予報もあるため、今回はキラキラ光るテープで対策することにします。

キラキラテープ

これが「キラキラテープ」です。正式名称はわかりません。

後ろにネットが見えますが今回は一部のみネット、全体をキラキラテープで鳥たちを威嚇する事にします。

CDでも対策

テープの他に使わなくなったCDもぶら下げます。

CDに光が当たりランダムに輝くことで鳥たちが怖がるらしいです。

対策完了

えごま畑に入らないようにテープを張ります。結構難儀な作業でしたが、こんなときドローンがあればいい仕事してくれそうです。

来年は導入を考えることにします。

キラキラテープ設置完了

ネットと比べると効果は落ちますが、風に吹かれて不確定にキラキラと光るテープは鳥たちに威嚇効果があると信じています(^_^;)

風が吹くとキラキラ

秋風が吹かれてキラキラと光るテープ。効果に期待です。

まずは今週末の台風を乗り越えてくれることを祈るばかりです。

スポンサードリンク
飛騨えごま栽培