えごま(あぶらえ)の栽培過程

えごま定植:全員で力合わせて
スポンサードリンク

えごまは全国で栽培されています。

ただ、地域によって時期が違います。飛騨地方は高冷地という事もあり、少し遅めです。
また、栽培時期や方法なども農家によって微妙に違ったりします。

飛騨地方のえごま栽培工程

作業内容 備考
5月 上旬
中旬  苗床及び圃(はたけ)場整地
下旬  播種(はしゅ)  直播き又はセルトレイ
6月 上旬  圃場準備  堆肥(ついひ)1t/10a
中旬
下旬  定植
えごま定植:全員で力合わせて
草丈15~20cm
株間50cm程度
畦(うね)間90センチ
2本植え

 

7月 上旬  欠株補植
獣害防止設置
中旬
下旬  中耕
8月 上旬  中耕
中旬
下旬  生葉出荷 育成状況に応じて堆肥
摘心作業
9月 上旬  生葉出荷
中旬
下旬
10月 上旬
中旬  収穫 手刈、コンバイン
下旬  乾燥
11月 上旬
中旬  脱穀・選別 ふるい

洗濯機などを使用
下旬  調整・出荷

11月下旬に調整・出荷とあるように、えごま油として搾油するのは12月以降となります。

この段階で収穫量が明確になり、来年度の製品量の目安がだせるようになります。

飛騨地方でのえごま栽培は収穫量が減ってきている現状がある事と、経験のある農家の方の高齢化も深刻な状況です。

しかし、えごま油の効果・効能が見直されている事、認知症予防の効果などは高齢社会になる日本に必要なものです。

信頼できる国産えごまとして、飛騨えごまの栽培・収穫が増えるような方策を飛騨えごま本舗としても取り組んでいきたいと考えています。

 

 

スポンサードリンク
えごま定植:全員で力合わせて