にんにくの副作用、1日の適切な摂取量は?

匠の黒にんにく
スポンサードリンク

にんにくの優れた効能や効果が実証されていますが、だからと言って摂取しすぎると、色々な副作用が起こる可能性があります。

にんにくの過剰摂取による副作用

・腸内の善玉菌減少
・胃壁の炎症(痛み)
・軟便(下痢)
・抗生剤の効果減少
・血が止まりにくくなる。

などがあるようです。
刺激が強く、毒素の分解能力も高い事が胃腸への負担や薬の効果などに影響を及ぼすんですね。

食べ合わせではないですが、風邪薬などを服用している時などは、にんにくの摂取は控える、または食べる時間をずらすなどした方がいいそうです。

にんにくの摂取は1日1片~2片

では、にんにくの1日の摂取量はどれぐらいが適切かというと、一般的には1片、加熱や熟成したものは2片までならと言われています。

でも、大人と子供、男性と女性などで身体のサイズも違いますので、あくまで一般的な話です。

そこでおすすめなのが「匠の黒にんにく」
Sサイズの青森県産福地ホワイトを独自製法で熟成発酵しているので、1片が程良い大きさで、女性や子供さんも食べる量の調整が容易です。

匠の黒にんにく

口当たりもソフトで臭いも気にならないので、フルーツ感覚でペロリと食べてしまいますが、健康維持も目的ですから、適切な量を毎日食べる事をおすすめします。

 

スポンサードリンク
匠の黒にんにく