ニンニクに含まれる「DATS」抗ガンに効果

匠の黒にんにく
スポンサードリンク

今朝、テレビをつけたら女優の川島なお美さんが亡くなったとニュースになっていました。肝内胆管がんだったとのこと。
夫婦でテレビ会見をしている映像を観ても「ずいぶん痩せたなぁ」と感じましたが、がんを患われていたんですね。
54歳とまだまだお若く、やりたい事も沢山あったと思います。ご冥福をお祈りします。

同じように元女子プロレスラーのタレント、北斗晶さんも乳がんを患い、昨日右乳房の全摘出手術を受けましたね。手術は無事終わったそうなので元気にまたテレビに復帰してもらいたいですね。

お二人とも、発症場所は違いますが病名は「がん」です。

最近では早期発見できれば全治するがんもあると聞いていますが、北斗さんは毎年乳がん定期検診を受けていたのに見つからなかったと言います。定期健診も大切ですが、生活習慣改善などにも気を使う事がより大切だと思います。

生活の中に取り入れることで効果があると言われているのが「にんにく」です。

にんにくは世界中でがんになる危険性を減らす最も効果的な食物として注目されています。ニンニクに含まれる「DATS」成分です。はがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を消滅させながら寿命のある正常な細胞を元に戻していくことがわかっています。

デザイナーズフーズ計画とは

「DATS」=ジアリルトリスフィドといいます。

「DATS」はがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を消滅させながら寿命のある正常な細胞を元に戻していくことがわかっています。
実際に、ニンニクを食べる習慣がある韓国や中国などは、日本に比べがん患者が少ないのです。

ただ、やはり日本では、にんにくの「臭い」に対して拒否感がある事は否めません。

だからこそ熟成黒にんにく

匠の黒にんにくにんにくの臭いは、ニンニクに含まれる「アイリン」という成分が変化して、アリイナーゼの働きで「アリシン」という成分に変化した際、にんにく特有の臭いを発します。

熟成黒にんにくは、熟成醗酵過程で「アリシン」を越えて「s-アリルシステイン」という非有効成分に変化します。

その上、熟成する事により「S-アリスシステイン」が通常のにんにくの約4倍になります。
健康のために、一日に摂取する黒にんにくの量はたったの一片です。

手軽に食べれて臭いも気にならない。1日1片の熟成黒にんにく!
健康寿命を伸ばすための健康習慣、始めましょう。

スポンサードリンク
匠の黒にんにく