黒にんにくを継続していただくため

飛騨匠 こだわりのサイズ
スポンサードリンク

「一暴十寒(いちばくじっかん)」という言葉があります。

これは、少しの努力をして、あとは怠けてしまうという例えで、

「継続して事を行わなければ効果はあがらない」という意味をもつ四字熟語です。

匠の黒にんにくには、「こだわり」があります。

それは毎日続けていただくため、あえて「S玉」という小粒のにんにくを使用していることです。
同じ容量でも、S玉は粒が多いので、食べる人の体躯に合わせて食べる量も調整しやすいのです。

同じにんにくでも大玉と呼ばれる「L玉」は確かに見た目と食べ応えにボリュームがあります。
でも毎日食べる事を考えて私たちは、あえて「S玉」を使用しているのです。

  • 専用のむろにてじっくりと熟成させる製法へのこだわり
  • 無添加熟成法による味と栄養成分アップへのこだわり
  • 毎日食べていただくためのサイズのこだわり
飛騨匠 こだわりのサイズ

これらすべての「こだわり」を持って、匠の黒にんにくを提供させていただいています。

「継続は力なり」
「ローマは1日にして成らず」

毎日続ける事が大切と言う意味のことわざは沢山ありますね(*^▽^*)

勉強、ダイエット、運動、多くのものが継続に努力と忍耐が必要だったりします。

でも「匠の黒にんにく」はどれを食べるかを決めるだけの手軽さです!

「匠の黒にんにく」お得な4パックセット

「一暴十寒(いちばくじっかん)」
【説】「暴」は「曝」と同じで、火に曝して(さらして)暖めるという意。一日暖めても十日冷やしては何にもならないという意から。
【典】孟子

スポンサードリンク
飛騨匠 こだわりのサイズ