黒にんにく S-アリルシステインの効果

S-アリスシステインの抗酸化作用
スポンサードリンク

S-アリルシステインの特徴

青森のニンニク農家には大腸ポリープが無いといいます。
それはニンニクを多く食していいるからと言われています。

そしてそれはニンニクにのみ存在する「S-アリルシステイン」の効果のようです。

ニンニクにしか存在しないってすごいですね。
ニンニクに薬効がある事は、昔から誰でも知っている事ですが、今、さらに注目されてきている理由が「S-アリルシステイン」なんですね。

S-アリルシステインの効果の要点

・ニンニクにしか見つかっていないS-アリルシステインは大腸ガンを予防する効果が医学的に認められている。
・S-アリルシステインはがん細胞などを見つけ攻撃撃退するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる。

そして、ニンニクを熟成させた方がS-アリルシステインが増加するのです。

この「熟成」させる事で、増加すると言うのはとても重要です。

そして相乗効果として、熟成過程でにんにく特有の臭いも無くなるのは驚きです。

S-アリルステインは、とても強力な抗酸化作用があり、
・高血圧の改善
・動脈硬化の予防
・心臓疾患の予防
・ボケ予防
・ガン予防など

のいろいろな症状の改善に有効的であるといわれています。
にんにくが持つ有効物質でありながら、特にこれらの症状に効果的であり、世界中で注目されている成分なのです。

S-アリスシステインの抗酸化作用また、S-アリルステインは水溶性なので、腸から吸収されやすく、血液と共に身体の中を巡り速やかに排出され、血管内では、活性酸素と悪玉コレステロールの結合を防止するという嬉しい働きがあります。

更にS-アリルシステインに期待できる効果

悪玉コレステロールを激減させ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。
また、身体が酸化していくのを抑制します。いわゆる「抗酸化効果」です。、
酸化してしまったLDLコレステロールから、動脈の内壁を守り、動脈硬化を予防して血栓が出来るのを予防します。
老化が影響する脳の萎縮を抑制する働きがあるので、学習能力の向上にも効果的です。

日常生活において受けたストレスからくる緊張を緩和し、新陳代謝が上昇するため、身体が温まります。

にんにくと言ってもどれも同じではありません。
やはり国内産のにんにくが良いと思います。

国内産にんにくはその効果を農家のみなさんが実証している事もあり、生産過程も安心です。

スポンサードリンク
S-アリスシステインの抗酸化作用