黒にんにくの殺菌効果|サルモネラ菌

サルモネラ菌-培養6時間後
スポンサードリンク

サルモネラ菌の症状

サルモネラ菌による食中毒を、サルモネラ感染症といいます。
潜伏期間は平均8~48時間で、毎年、多くの人が感染しています。

その症状は、激しい腹痛吐き気下痢が起こり、血便が出る場合もあります。腹痛はかなり激しい痛みで、繰り返し襲ってきます。下痢は食中毒の中ではもっとも強い部類に属し、下痢もほとんど水のようなものが多く、緑色かかっていることがあります。
それに加え、高熱がでます。

このような症状が半日~4日ほど続きます。

サルモネラ菌食中毒の原因と予防

サルモネラ食中毒の原因は、食肉と卵などが主な原因食品と言われています。近年では鶏卵のサルモネラ汚染率が増加しています。卵内にも菌が認められることもあるようです。
予防方法としては、食肉や卵などの食材は十分加熱する・調理器具を清潔に保つ・調理後は早めに食べる・長期間の保存は極力避ける。などがあります。

同時にペットからの感染も多いので気をつける必要があります。いくらかわいいからと言って、口移しで何かを食べさせたり、口などを舐めさせることは避けた方がよさそうです。特に、小さな子供老人免疫が弱まっている人が感染した場合、重症となりやすいため、特に注意する必要があります。
ペットと触れあった後は手を洗う。なども意識した方がよいでしょう。

熟成黒にんにくの殺菌効果の証明

下の写真は、熟成黒にんにくにサルモネラ菌を加えたものです。

サルモネラ菌開始その後、6時間経過した結果が下の写真です。
滅菌され、菌がかなり減少したことがみてとれます。

サルモネラ菌-培養6時間後(財団法人日本食品分析センター)

写真のクオリティの問題でわかりづらいですが、黒にんにく混合液を培養後はサルモネラ菌が激減しています。黒にんにくを毎日食べることで、食中毒などの予防にも効果が期待できます。

黒にんにくの殺菌効果|病原性大腸菌(O-157)

黒にんにくの殺菌効果|緑膿菌

 

スポンサードリンク
サルモネラ菌-培養6時間後