熟成発酵 黒にんにくの魅力

匠の黒にんにく
スポンサードリンク

日本人は発酵食品を多く摂取します。

納豆、チーズ、ヨーグルト、キムチなど、数多くの発酵食品を好んで食べますが、その発酵食品の持つパワーは素晴らしいものがあることを知ってますか?

発酵とは、食品に付着した酵母菌、細菌類などの微生物が食品を分解し、その過程で生まれた酵素などの働きでもともとある成分が変化したり、新たな成分が作られたりする事をいいます。

熟成発酵黒にんにくの魅力

熟成発酵黒にんにくは、白いにんにくを高温・高湿の環境下で約1カ月間熟成されることで作られます。添加物を一切使わず長時間熟成され、自己発酵することで黒くなります。

普通のニンニクは特有のにおいや刺激作用による胃腸への影響もあるので、あまり多く食べることは避けたほうがよいのですが、熟成・発酵した黒にんにくは、その発酵過程で糖度が増すことで、ドライフルーツのような食感に生まれ変わります。

また熟成されることで、ニンニク臭の原因であるイオウ化合物が少なくなり、におい元が消滅します。ニンニクを食べた後の口臭が気になる人でも安心して食べられる理由がここにあります。

美味しくて健康にいい黒にんにくは、「匠の黒にんにく」で決まりです(*^▽^*)

スポンサードリンク
匠の黒にんにく