免疫力を低下させる2大要素

黒にんにくの抗酸化パワー
スポンサードリンク

風邪やインフルエンザなどの細菌や、発生したばかりのがん細胞などを排除する能力が人間には備わっています。

それは「免疫力」と呼ばれる大変優れた能力なのですが、近年、その「免疫力」が低下してきていると言われています。

免疫力を低下させると言われる2大要素としては

・自律神経の機能低下
・白血球そのものの機能低下

があります。
自律神経失調はストレス社会の現代においては簡単に排除できない深刻な現実でもあるのは皆さんも知ってのとおりです。

その他にも免疫力を低下させてしまう要因として、栄養のバランスの偏り、低体温、血行不良、病気、低栄養素、肉体労働、運動不足などがあり、どれもが生活習慣に係る物ともいえます。特に植物性油に含まれる「リノール油」の過剰摂取が問題とされています。

免疫力の低下は、健康状態の悪化へと繋がります。

黒にんにくの抗酸化パワー

そんな中、発酵黒にんにくには、免疫力を高る効果があると言われる成分が多く含まれており、かつ安心な自然食品です。

生活習慣やとりまく環境は簡単に変える事はできませんが、1日1片の黒にんにくを食べる事は容易に実行できます。

黒にんにくを食べて免疫力を高めることが、様々な病気に打ち勝ち健康を維持する秘訣になると言えます。

スポンサードリンク
黒にんにくの抗酸化パワー