忘年会シーズンの二日酔い対策

飲みすぎ注意
スポンサードリンク

今年も残りあと4週間。この季節は毎週末忘年会という方も多いでしょう。そこで気になるのが二日酔い。二日酔い対策の食品といえば、ウコンやしじみ汁を思い浮かべる方が多いと思います。この時期テレビCMでも頻繁に流れていますよね。

にんにく&黒にんにくも二日酔い対策に!?

実は、にんにく&黒にんにくも二日酔い対策には欠かすことのできない食品なのです。

お酒のアルコールは肝臓で分解されるので、肝細胞の機能が正常でなければ肝臓に負担がかかってしまいます。

ビタミンB1には「強肝作用」がありますが、アルコールの分解のためにビタミンB1が使われて不足することがあります。にんにくはビタミンB1を補うとともに肝臓の解毒酵素を増やして、飲み過ぎたお酒の毒素を速やかに分解し排泄してくれます。

お酒を飲む前ににんにくを食べておくと、二日酔いの予防に効果を発揮します。お酒のおつまみとして、にんにくを焼いたものや揚げたものを食べると良いでしょう。

黒にんにくなら、「飲む前に食べる」という感じで気軽に摂れます。

それでも二日酔いになってしまったとき・・・次の日は何も食べられないという方が多いでしょう。そんな時に唯一
食べられるのは「みそ汁」と答える方が多いようです。

その味噌汁に黒にんにくを入れて食べると、気持ち悪いのも治って楽になるようです。みそ汁ににんにく!?と思われるかもしれませんが、これがけっこう美味しいんですよ。

飲む前の「黒にんにく」&飲んだ後の「黒にんにくみそ汁」で忘年会シーズンを乗り切りましょう

スポンサードリンク
飲みすぎ注意