腹もち抜群!えごまコーヒー豆乳

えごまコーヒー豆乳
スポンサードリンク

今回は朝食や間食に腹もちが良くて簡単にできるレシピの紹介をします!
簡単にできて腹もちが良いだけでなく、オメガ3の推奨摂取量が簡単にとれちゃいます!

その名も「えごまコーヒー豆乳」

材料:
・市販のコーヒー豆乳:200ml
・えごまの実:7g(大さじ山盛り一杯)

豆乳は、プレーンでも味付きでも好きなもので良いです。

私はいつもコーヒー味です。カロリーが気になるので50%オフのものを使っていますが、えごまを入れると、香ばしさが増して濃厚な味わいになるので味が薄めのカロリーオフでも美味しくなります。

コーヒー豆乳まずはじめに、エゴマの実を煎ります。

えごま山盛り大さじスプーン一杯えごまは、大さじ山盛り1杯です。これで7gです。これだけでオメガ3の一日摂取量がクリアになるんだから、エゴマの実ってすごい!

えごまをフライパンで煎るエゴマは、180度の温度で約2~5分ぐらいを目安に炒めます。IHだと温度設定できるので、初心者でも焦がす心配もなく安心ですがフライパンを振って混ぜるのには向いてないので、均等に熱するために菜箸などを使ってしっかり混ぜましょう。2,3粒がパチパチ音が鳴ったらOKです。

やけどに気をつけて少し食べてみるとわかりやすいです。味が香ばしくなっていたらバッチリ。
※注:焦がしたり、強火で炒ってしまうと苦みがでてしまいます。美味しくなくなってしまうので要注意です!!

えごまの実を調理する際、オススメなのが「マジックブレッド」です。通販番組で放送してましたが、今はアマゾンでも購入できます。粉砕するだけでなく、そのままドリンクホルダーにできたりと大変重宝してます。

ショップジャパン(SHOP JAPAN) マジックブレット デラックス MGTXH-AM【正規品】

煎ったエゴマをミルに投入煎ったエゴマはミルで粉砕します。本当はミルで粗削りした後、すり鉢で擂ると一層美味しくなりますが、今回はミル粉砕だけです。

ミルで粉砕細かくミルで砕きます。

粉砕したエゴマの実エゴマの実は油脂が多いので、細かく砕くと油分で側面にくっついてしまいますが、ここに豆乳を入れて再度撹拌するので大丈夫です。

豆乳を投入豆乳を入れます。目安として200mlと書いていますが、お好きな量でかまいません。シェーカーに入れて一日分作って、小分けに飲むというのもいいと思います。この辺りは何度か試してみて、一番自分好みのエゴマと豆乳の比率をみつけましょう。

えごまと豆乳を撹拌豆乳を入れた後、もう一度撹拌します。

完成完成です。時間が無い時はこのまま飲むのですが、時間に余裕がある時はカップに移し替えます。

えごまコーヒー豆乳先ほど煎ったエゴマの実を少し分けておいて、アクセントに使うとちょっとオシャレです(*^▽^*)。また、プチプチとした食感もあるので私は好きです。

ショップジャパン(SHOP JAPAN) マジックブレット デラックス MGTXH-AM【正規品】

今回のレシピは材料だけでなく、使用する道具も特別なものが必要ですが、料理の手間短縮にはとても便利です。エゴマの実を使った料理を作る時はあるととても便利です。ご参考までに(*^▽^*)

スポンサードリンク
えごまコーヒー豆乳