エゴマ油のαリノレン酸含有量について

αリノレン酸グラフ
スポンサードリンク

エゴマ油ってなんで良いの?

他の油はダメなのに、なんでエゴマ油は良いの??
その理由は、油に含まれている「脂肪酸」に関係しています。

普段から口にする油に↓のような種類があります。 べに花油、ひまわり油、コーン油、サラダ油、大豆油、ごま油

こういう油にはリノール酸というアトピー症状などのアレルギー反応を促進させるホルモン物質を作る作用があるものが含まれているんですね。 本当は、こういう油は1回断ってみると良いんですが、すべての食事を手作りして、食管理ができない場合は実際には難しい部分もあります。

αリノレン酸グラフ

でも、同じ油でありながら、エゴマ油やシソ油、あまに油(亜麻仁油)などの油には、αリノレン酸という、アトピー性皮膚炎や喘息などを抑制するホルモン物質を作る作用があるものが含まれています。

その中でもエゴマ油はαリノレン酸の含有率が高いのです!

だから、エゴマ油は積極的に摂るべし!!と言われているのです。 (魚の脂も、このαリノレン酸がたくさん含まれています)

エゴマ油は普通の油より、ちょっと値段が高いものが多いです。 探すとお手頃の値段のものもありますが・・・

ですが!気をつけないと、たまに「えごま油」と謳いながら「ごま油」が配合されているものもあるので、ご注意してください。 購入する際は、原材料を確認しましょう。

飛騨えごまと、他のエゴマとの違いとは?

スポンサードリンク
αリノレン酸グラフ