にんにくの歴史について

匠の黒にんにく
スポンサードリンク

健康への意識が高まっている現代では、自分だけでなく大切な家族が口にする食材にはこだわりたいと考えている方が多くなってきています。

そのため、健康食材である黒にんにくも非常に人気が高いです。
通常のにんにくも私たちの身体に良い効果をもたらしてくれると期待されていますが、黒にんにくはその倍以上のパワーを持っているので、より期待が高まるのは当然だと思います。

そんな私たちの健康的な生活に欠かせないにんにくがどのような歴史を辿ってきたのかご紹介します。

にんにくの歴史は古い

にんにくが誕生した年代は定かではないのですが、中央アジアのキルギスで誕生したのではないかと推測されています。

古代エジプトのピラミッドを造る労働者の元気の源として支給されていたとも言われております。このようにすでに古くからにんにくの効果・効能は認められていて、生活の糧となっていたようです。

にんにくが日本に伝わったのは、8世紀頃だと言われています。

にんにく独特のニオイが理由なのか、当時の日本では敬遠されていたようで、ごく一部の地域で食される食材でした。それから、薬味として徐々に国内に広まり、現在では様々な料理に用いられる万能な健康食材として親しまれています。

黒にんにくの誕生

黒にんにくが生まれたのは、にんにくの生産地として有名な青森県ではなく、三重県で誕生したと言われています。

匠の黒にんにくにんにくの優れた栄養成分や効果・効能に注目した開発者によって研究が進められ、良い影響をもたらしてくれる栄養成分を活かしたまま独特なニオイを軽減する方法はないか考え、編み出されたのがにんにくを発酵させることでした。しかも発酵させることで、より優れた有効成分が作られることが分かったのです。

当サイトでは、そんな有効成分を豊富に含んでいる熟成黒にんにくを通販でご提供しています。

初回限定の特別価格で熟成黒にんにくのおためしパックも販売しておりますので、まずは一度お召し上がりください。きっと、黒にんにくの良さを分かっていただけると思います。

スポンサードリンク
匠の黒にんにく