飛騨高山あぶらえ研究会総会が開催されました。

総会資料
スポンサードリンク

本日14日と明日15日は高山祭です。

昨日から降り続いていた雨も朝には止みました。なんとか明日までこのまま天候が持ってくれると嬉しいですが(^_^;)

そんな昨日、飛騨高山あぶらえ研究会の通常総会が高山市役所にて開催されました。

第7回飛騨高山あぶらえ研究会総会あぶらえ(えごま)は昨年からTVなどで取り上げられ全国的に注目されていることもあってか、飛騨高山あぶらえ研究会に参加していただける生産者の方も増えています。

昨年の会員数から10名以上増え、飛騨高山あぶらえ研究会の会員数は71名となりました。

総会前から会員の皆さんで情報交換の声があちこちで聞こえます。わたしもいつも勉強させていただいています。

第7回飛騨高山あぶらえ研究会総会総会も滞りなく進み、総会後には岐阜県中山間農業研究所の担当の方からあぶらえの栽培方法についての研究報告などもあり有意義な総会となりました。

総会資料えごまは飛騨地方ではあぶらえと呼ばれ昔から親しまれた食材です。

α-リノレン酸の含有量が多い事で注目されていますが、飛騨えごまでもっと知っていただきたいのは「深みのある味」です。

飛騨あぶらえ(えごま)の品質を守っていくという観点からも飛騨高山あぶらえ研究会はとても大切な会だと再認識させていただきました。

今年もあと少しで栽培が始まります。楽しみです(*^▽^*)

スポンサードリンク
総会資料