飛騨えごま本舗

飛騨えごま本舗

飛騨えごま実

六次産業化事業者として農林水産大臣より認定されました。

スポンサーリンク

六次産業化認定とは、簡単にいうと「農業者が自ら作った作物の加工、販売までの事業計画」に対し、農林水産大臣が認定する制度です。

第1次産業(農業)+第2次産業(加工)+第3次産業(販売)を掛け算すると6になることから6次産業と言われています。

6次産業化とは、それら「地域資源」を有効に活用し、農林漁業者(1次産業従事者)がこれまでの原材料供給者としてだけではなく、自ら連携して加工(2次産業)・流通や販売 (3次産業)に取組む経営の多角化を進めることで、農山漁村の雇用確保や所得の向上を目指すことです。
こうした経営の多角化(6次産業化)の取組は、地域の活性化に繋がることが期待されています。

※参照:6次産業化ポータルサイト

飛騨えごま本舗(有限会社萬里)は、平成29年2月に認定されました。

参考リンク:農林水産省「六次産業化・地産地消法に基づく事業計画の認定について

今回、岐阜県飛騨地方での認定は弊社含めて3社です。それぞれ自慢の栽培作物があります。

六次産業化認定式飛騨えごまの良さを全国に知っていただけるよう頑張りたいです。

えごまは飛騨地方で「あぶらえ」と呼ぶ伝統食であり、代々受け継がれた実を栽培している純国産のえごまです。

その信頼できる品質の「飛騨えごま」を是非多くの方に食していただき、健康寿命を伸ばす手助けができればと考えています。

認定式は新聞の記事にもなりました。

認定は屋号である「飛騨えごま本舗」ではなく「有限会社萬里」として登録されています。

中日新聞岐阜新聞高山市民事報今後もよりよい飛騨えごまをお届けいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で飛騨えごま本舗をフォローしよう!

飛騨えごま実

スポンサーリンク

Return Top