えごま、は飛騨地方では「あぶらえ」と呼びます。

えごま(あぶらえ)
スポンサードリンク

地元では「あぶらえ」と呼ばれ、飛騨の民は古くから食べてきたなじみ深い伝統作物です。飛騨地方は健康寿命が長く、農家の皆さんも年齢を聞くと驚くほど若いです。見た目だけでなく、農作業もしっかりこなされていて、とても健康です。地元の特産として、子供の頃からエゴマ(あぶらえ)が食卓にあり、食していた事と関係があると私は思います。

オメガ3(αリノレン酸)

テレビや雑誌等でも話題となっている「オメガ3(αリノレン酸)」。
オメガ3は、体を作るのに欠かせない「必須脂肪酸」で、動脈硬化の予防やコレステロールの増加による高血圧、心臓疾患を予防するとも言われている優れものです。「飛騨えごま油」には、この成分が豊富に含まれているのです。

えごま(あぶらえ)

その他、オメガ3には以下のような効果があると期待されています。

●脂肪肝予防
●高脂血症予防
●ダイエット
●メタボ対策に効果
●美肌効果
●脳の活性化
●血液サラサラ
●花粉症・アトピーなどアレルギー症状の緩和
●抗うつ作用

この油、日本では最近注目を浴び始めましたが、欧米では広く普及しており、日本でも平成17年に厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」で増やすべき栄養素として目標値を設定しています。

現在は国産のえごまは入手困難な状況が続いていますが、毎日の食事に取り入れる事での効果が認知されたためだと思います。

スポンサードリンク
えごま(あぶらえ)